タグ:難波屋 ( 4 ) タグの人気記事


2009年 11月 15日

いっせんまんえんのつかいみち(魚拓あり)

死体遺棄事件で逮捕された市橋達也容疑者(30)は、神戸市内の土木会社から
大阪府茨木市の建設会社へ“転職”する昨年6月から8月ごろにかけて、大阪市西成区にある、
西日本屈指の労働者街「あいりん地区」に潜伏していたのをたびたび目撃されている。
その様子を住民らが証言してくれた。

 「あれ、たしか去年の7月ごろやったかな。朝8時前後に何度か見かけたで。長身で、
だいたいが白い短パンにスニーカー、シャツ姿。キャップを後ろ前にかぶっとった。
鋭い目つきやったし、パッと見て、すぐに市橋やと思うたわ」

 こう話すのは同区に長年住み、創作活動を続ける男性(76)。見かけたのは
市営地下鉄動物園前駅の近くで、関西一帯の建設現場などの作業員を募集する「呼び込み」が
集まる一角という。

 男性が知人に話したことから、噂は労働者たちに一気に広まった。別の男性らも
「ジョッキ250円の安い立ち飲み屋に何度も来ていた。周囲と意気投合し、一緒に
京橋まで飲みに行ったこともあったらしい」「路上の古雑誌屋から『少年ジャンプ』を
格安で買っているのを見た。あれ、間違いないで」と証言。

 800円の宿泊代を節約するためか、銭湯の近くなど路上で眠りこけている姿も、たびたび
目撃されていた。この一帯から、市橋容疑者が茨木時代の同僚に「なじみの店がある」と
吹聴していた歓楽街「飛田新地」は至近距離にある。

 市橋容疑者は、昨年8月から今年10月まで1年2カ月間、茨木市の建設会社の寮に
住み込んでいた。その後、昨年2月から6月まで神戸市北区の土木会社にいたことも判明。
いずれも、あいりん地区での「呼び込み」に応募したものだ。

 姿を見なくなった昨秋以降、住民や労働者たちは「最近、市橋どうしている?」と
噂していたというが、なぜ警察に通報しなかったのか。前出の男性はこう弁解する。

 「この界隈は、失業したりいろんな理由で流れてくる人も多いし、自分の仕事や
生活で精いっぱいや。通報するところまで気が回らん。けど、よう考えたら
懸賞金1000万円もらえたかもしれん。惜しいことをした」
(ZAKZAK 2009年11月13日)

このお店、少なくとも2週に一度は通っていて、且つmixiのコミュにも入っています。
富山の友人が来阪した折には必ず連れて行っています。

どうやら私と市橋容疑者はニアミスを繰り返していたようで、もし一千万円あったら
964カレラRSを買って吸排気(パラノイア製)と足回り(ビルシュタイン)を交換したのち
阪神高速のホワイトバードを気取るはずだったのにと考えると悔しくて今晩は眠れません。

つかこの店って釜ヶ崎のア・バオア・クー西成警察署から30メートルも離れてないのですけど。
灯台モトクロスってやつですか?

e0160330_3154218.jpg
[PR]

by shimac01 | 2009-11-15 03:16 | osaka
2009年 09月 02日

アート&アクセス第2回シンポジウムのご案内(転送)

アート&アクセス第2回シンポジウム開催のお知らせです。

みなさまのご参加をお待ちしております!

-----
■アート&アクセス 第2回シンポジウム「釜ヶ崎のアートへ」■

大阪市西成区の通称「釜ヶ崎」は日雇労働を行う単身男性が圧倒的に多く、
高齢化、失業、貧困、居住不安定など、さまざまな困難な問題を抱えています。
関西の「近代化」は、このまちの人々の労働に多くを負ってきているのですが、
情報も乏しく近寄りがたいイメージだけが先行しています。釜ヶ崎をゲットー
として囲い込んでしまうのではなく、わたしたちの暮らしの連続線上にとらえたいと思います。

西成にはアートにかかわる多くの市民グループがあります。
アートと意識せずにこれらの活動を行っているところもありますが、「つながり」を
大切にしている点において、アートの力を活用しているといえましょう。それらの活動を
豊かな文化資源(リソース)としてとらえ、アートの可能性をさぐります。

アートはコミュニティにおけるコミュニケーションとアクセスを促し、対話の機会を
生み出します。こうしたアートの力によって、釜ヶ崎の社会的・文化的「交通」を、
よりいっそう豊かにすることができないだろうか、というのが本シンポジウムの出発点です。


日 時:9月12日(土)11:00〜17:30(開場10:30)
場 所:大阪市立大学都市研究プラザ 西成プラザ
参加費:無料
定 員:60名
お申し込み方法:氏名・所属・連絡先を明記の上、メールにてお申し込みください
(9月9日(水)17:00締切)。

■お申し込み・お問い合わせ
地域アートマネージャー育成事業実行委員会事務局(大阪市立大学都市研究プラザ内)
E-mail:aaam◎ur-plaza.osaka-cu.ac.jp(◎を@にかえてご送信ください)

主 催:地域アートマネージャー育成事業実行委員会
後 援:大阪市立大学都市研究プラザ 船場アートカフェ
文化庁 平成21年度「文化芸術による創造のまち」支援事業

■プログラム
□午前の部(11:00-12:10)
・釜トーク:釜ヶ崎へのアクセシビリティ
 若松 司(大阪市立大学都市研究プラザ特別研究員)
 山田英範(ビジネスホテル中央グループ専務取締役)

□午後の部(13:10-17:30)
・基調講演
 栗原 彬(立教大学名誉教授、立命館大学特別招聘教授)
・釜プレゼン:釜ヶ崎におけるアートの資源
 ナビゲーター:上田假奈代(闘う詩人、特定非営利活動法人こえとことばとこころの部屋[cocoroom]代表)
 おはなし:紙芝居劇むすび、こどもの里、山王こどもセンター、釜ヶ崎夏まつり、
 釜のブルースバンド、西成民踊研究会、ほのぼのクラブ(西成市民館)、
 創作クラブ(三徳寮)、難波屋(ライブ)、成田屋(ライブ・展示)、
 ライフサポート路木(エコバック)、十二楽坊(今池平和寮)など
・co-access(グループディスカッション)

■プレプログラム
・スタディツアー:釜ヶ崎まちあるき
釜ヶ崎をあるきながら、地域の現状や課題、人々の暮らしについて、スタッフがご説明します。

日 時:9月11日(金)16:30〜(所要時間:約1時間)
定 員:15名(先着順)
お申し込み方法:氏名・所属・連絡先を明記の上、aaam◎ur-plaza.osaka-cu.ac.jpまで
お申し込みください(◎を@にかえてご送信ください)。受付確認後、当日の集合場所等に
ついてお知らせいたします(定員になり次第、締切)。

■アクセス
大阪市立大学都市研究プラザ 西成プラザ
〒557-0002 大阪市西成区太子1-4-3 太子中央ビル3階
(100円ショップFLETS太子店内の階段から3Fへ)

地下鉄御堂筋線・堺筋線「動物園前」駅7番出口すぐ
JR「新今宮」駅東口から徒歩1分

e0160330_18315750.jpg
[PR]

by shimac01 | 2009-09-02 18:33 | osaka
2009年 06月 04日

オレゴンよりの使者(序)

5月某日。

米国在住で、富山生活時代からの友人ミスターTが来阪。
奴には去年の自分探し@Arizona時に大変世話になった。
これは返り討ちの好機だ。なめんなよOsaka。

奴は私同様に壊滅的な方向音痴なので、大阪駅はサンダーバードの
降車ホームまで迎えに行く。Tには富山県内であってもGarminが必須だ。

およそ1年振りに会う奴はラングラーの上下デニム(非ケミカルヲッシュ)で
キメていた。Oregon州でカウボーイを目指すTは、相変わらず下町大衆酒場のドン・キング、
なぎら健壱先生をリスペクトしているらしい。
(足下はトニーラマではなくINOV8であったが)

Hootersのキャップも奴らしいセンスだ。思わずサザンが夜のヒットスタジオに
デビューした際の、メンバーのホットパンツ姿が脳裏に浮かぶ。

環状線に乗って新今宮駅へ。相変わらず小便と嘔吐物と汗と泪と男と女の匂いが充満してるが、
馴れれば極上のオー・ド・ヴィーだ。駅にほど近い、予約したドヤヘチェックイン。
家に帰る時間すら勿体ないのでこんかいは私も宿泊することにする。

2泊で3000円。もっと安いドヤもあるにはあるのであるが、いきなりあんこ軍団の
どストライクを受けさせるには、奴には刺激が強すぎる。それもアリか。

午後8時。荷物を3畳の部屋に放り投げて、この日の一軒目、
大阪立ち呑み選手権ベスト8にランクインする(当社比)「難波屋」へ。
いきなりTに洗礼を浴びせる。

居酒屋フリークのTは、今回の来阪では、ふだん米国では飲み付けることの少ない
日本酒を所望しているそうなのだが、無視する。

まずはキリン淡麗大瓶@350円とスパゲティーサラダ@150円で肩慣らし。
平日だというのに、この店は相変わらずの繁盛振りで、
私たちは珍しく、奥のライヴスペースに簡易椅子を置いてのスタートとなった。

客がひっきりなしに押し寄せ、あまりにも気兼ねなので早々に店を出ると、
奴は釜ヶ崎のア・バオア・クー西成警察署の物々しさに感動し、記念撮影。
「あまり手間取ると、南港に浮くぞ」と軽く脅す。

その後、徒歩で大国町の「エノキ屋酒店」に向かう。
わたしにはおよそ1年振りの来店か。いぜんは店内に調理師免状が飾ってあり、
そのおかげで私と店主が同じ年であることが判り大いに盛り上がった記憶が懐かしい。
お気に入りだった「スパム」がメニューから姿を消していた。残念。

がしかし、Tはとりあえずの目標である燗酒(たぶん鷹取@350円)一合を
ようやくゲットし、ニンマリしてる。
奴の笑顔でいくらでも酒が呑める。

その後は難波方面へ。大阪路面蕎麦選手権ベスト16(あくまで当社比)の
「天政」でかけ蕎麦@200円を流し込み、両者ヒートアップ。

法善寺横丁付近の「バー花本」へ行きギアはトップへ。
6月9日のオープンに向けて作業中の「ファニー・メイ」
(Stonesフリークの聖地・マスターが腰をくねらせながら
作る焼きそばは掛け値無しに大阪№1である)にあいさつしたあと、
ミナミのナイスガイ「バーSeven」で奴はギネス。わたしはジェイムソン(12年)。
撃沈寸前で山田さんいつもごめんなさい。

〆に「マーフィーズ」に行くと、なんか変な女に絡まれた。ギャフン。

<破>に続く
※写真はさいきんのお気に入り「BMW HP2 Megamoto Pikes Peak Replica」


e0160330_23553542.jpg
[PR]

by shimac01 | 2009-06-04 00:03 | osaka
2009年 03月 26日

「こだわり」のなれのはて

こうして私はいつものように釜が崎地区の注射器売り場やチンチロリン賭博場を
横目にメニューの7割以上が心身に有害であると思われる「難波屋」へおもむき、
汚れて文字がかすんでいるハムエッグの値段表(たぶん250円)を
睨み付けながら、「スーパー玉出」で仕入れた凄まじく
塩分のキツイ有害なトマトチューハイをちびりちびりと呑み、
次は「酒のもりた」で卯の花か「もん家」でメンチカツかはたまた
「岩田屋酒店」でポテトサラダか、まてよまてまて「酒の穴」の
八宝菜も捨てがたいと逡巡しつつ、いつも通り野暮で自堕落で
それはそれでハーチョイナチョイナな至福の日々を過ごしているのであった。

e0160330_4484569.jpg
[PR]

by shimac01 | 2009-03-26 04:51 | etc