タグ:酒のもりた ( 2 ) タグの人気記事


2009年 06月 04日

オレゴンよりの使者(破)

2日目。

打ち合わせ通り午前10時起床。戻りが午前4時ころであったのか、
酔いがまったく抜けず吐く息もバッチリ酒臭い(当たり前だが)。

帰宿後、スーパー玉出で購入した飲料水がいけなかったのか
(偏見。ちなみにTは店内に入るまでこの店をパチンコ店だと思っていた。
判りますその気持ち)。
しかし本日はTのかねてよりの悲願を果たす日であるので、
泣き言は許されない。

このドヤは午前9時のチェックアウト時間に合わせて、
事前に館内放送がかかるのであるが、
私はどうやらそれもすっ飛ばして寝ていたらしい。
Tはあまりの空腹に、近くの吉野家で朝食を摂ってきたらしいが。

やるじゃん。成長したな。これでジェダイマスターになれるよ。

おろおろと宿を11時に出て、大阪ホルモン選手権ベスト16(ですからあくまで当社比)
にランクインする「マルフク」へ。
サウスコリア出身のママは相変わらず健啖家で、
彼女のビートの効いたホンキートークが、アルコール漬けの脳にガシガシくる。

まずは迎え酒にアサヒ本生(通称:赤)@160円をグビッと流し込む。
とたんに逆流嘔吐モードに入り思わず涙目鼻汁グビになる私であったが、
右隣のオッサンの首元から覗くTATOOの龍にはげまされ、踏みとどまる。
助けて金子信雄親分。

気を遣ったふりをしてホルモン@120円及び、レバ焼@120円を
ほとんど奴に食わせる。
というか私は吐きそうで『食べられません』(by風間やんわり)でしたので。

このままだとTに釜ヶ崎に偏見を持たれそうだったので、
次に「すーちゃん」「フレッシュ」をパスし(ほんとうは「一番」で
ラフロイグをパキッと決めたかったのだが、そうなると私は
イスラフェルのごとく殲滅確実)、萩之茶屋商店街の「酒のもりた」へ。

奴@新梅田食道街や大安@天満と並んで、魚介類の味には定評がある
(そしてディフェンスに定評があるのは「陵南の池上」)。
相変わらずおばちゃんの笑顔には癒される。

ネタついでに「味処ひょっとこ」で名物の100円カレーを食す。CPは十分。
『そうそう、この味、男の子だよな(井之頭五郎@孤独のグルメ)。』
と独り言を言って気味悪がられる。(+30円で目玉焼きのトッピングが可能)

ここで大阪名物である「串カツ」を食してないことに気付き、
飛田新地(「百番」の前でビビリながらシャッターを切る)をまわって
ジャンジャン町へ。「大万」は定休。
通天閣のネオンサインが「日立グループ」であることに喜ぶT。
ケッ、しょせんは会社の歯車よ。

坂田三吉の碑を前に、アホの坂田との違いを懇切丁寧に説明しながら(ウソです)
開店間もない「越源」へ。相変わらず店主はクールであるが、そこが良い。
作業の様子が見える向かって左側の座席に着き、串カツ・スパムDX・玉子をオーダー。
鳥カツを頼み損ねたのが悔やまれる。

ここであらためて米国での生活を伺い(Oregonでの生活やトムウェイツの
コンサートに行った話)、かつ今後の観光作戦を練る。
が、グリコと通天閣はクリアしたし、USJや万博記念公園、
天王寺動物園やダイビルあたりでは芸がない。

おもわず店主に話を向けると「…大阪城っすかねえ。大阪にしかないし。」
ビンゴである。

<急>に続く
※写真はどっかの店で隣のオッサンが使用していたのと同モデル。
一瞬酔いが醒めた。

e0160330_512916.jpg
[PR]

by shimac01 | 2009-06-04 05:04 | osaka
2009年 03月 26日

「こだわり」のなれのはて

こうして私はいつものように釜が崎地区の注射器売り場やチンチロリン賭博場を
横目にメニューの7割以上が心身に有害であると思われる「難波屋」へおもむき、
汚れて文字がかすんでいるハムエッグの値段表(たぶん250円)を
睨み付けながら、「スーパー玉出」で仕入れた凄まじく
塩分のキツイ有害なトマトチューハイをちびりちびりと呑み、
次は「酒のもりた」で卯の花か「もん家」でメンチカツかはたまた
「岩田屋酒店」でポテトサラダか、まてよまてまて「酒の穴」の
八宝菜も捨てがたいと逡巡しつつ、いつも通り野暮で自堕落で
それはそれでハーチョイナチョイナな至福の日々を過ごしているのであった。

e0160330_4484569.jpg
[PR]

by shimac01 | 2009-03-26 04:51 | etc