タグ:越源 ( 2 ) タグの人気記事


2009年 06月 04日

オレゴンよりの使者(破)

2日目。

打ち合わせ通り午前10時起床。戻りが午前4時ころであったのか、
酔いがまったく抜けず吐く息もバッチリ酒臭い(当たり前だが)。

帰宿後、スーパー玉出で購入した飲料水がいけなかったのか
(偏見。ちなみにTは店内に入るまでこの店をパチンコ店だと思っていた。
判りますその気持ち)。
しかし本日はTのかねてよりの悲願を果たす日であるので、
泣き言は許されない。

このドヤは午前9時のチェックアウト時間に合わせて、
事前に館内放送がかかるのであるが、
私はどうやらそれもすっ飛ばして寝ていたらしい。
Tはあまりの空腹に、近くの吉野家で朝食を摂ってきたらしいが。

やるじゃん。成長したな。これでジェダイマスターになれるよ。

おろおろと宿を11時に出て、大阪ホルモン選手権ベスト16(ですからあくまで当社比)
にランクインする「マルフク」へ。
サウスコリア出身のママは相変わらず健啖家で、
彼女のビートの効いたホンキートークが、アルコール漬けの脳にガシガシくる。

まずは迎え酒にアサヒ本生(通称:赤)@160円をグビッと流し込む。
とたんに逆流嘔吐モードに入り思わず涙目鼻汁グビになる私であったが、
右隣のオッサンの首元から覗くTATOOの龍にはげまされ、踏みとどまる。
助けて金子信雄親分。

気を遣ったふりをしてホルモン@120円及び、レバ焼@120円を
ほとんど奴に食わせる。
というか私は吐きそうで『食べられません』(by風間やんわり)でしたので。

このままだとTに釜ヶ崎に偏見を持たれそうだったので、
次に「すーちゃん」「フレッシュ」をパスし(ほんとうは「一番」で
ラフロイグをパキッと決めたかったのだが、そうなると私は
イスラフェルのごとく殲滅確実)、萩之茶屋商店街の「酒のもりた」へ。

奴@新梅田食道街や大安@天満と並んで、魚介類の味には定評がある
(そしてディフェンスに定評があるのは「陵南の池上」)。
相変わらずおばちゃんの笑顔には癒される。

ネタついでに「味処ひょっとこ」で名物の100円カレーを食す。CPは十分。
『そうそう、この味、男の子だよな(井之頭五郎@孤独のグルメ)。』
と独り言を言って気味悪がられる。(+30円で目玉焼きのトッピングが可能)

ここで大阪名物である「串カツ」を食してないことに気付き、
飛田新地(「百番」の前でビビリながらシャッターを切る)をまわって
ジャンジャン町へ。「大万」は定休。
通天閣のネオンサインが「日立グループ」であることに喜ぶT。
ケッ、しょせんは会社の歯車よ。

坂田三吉の碑を前に、アホの坂田との違いを懇切丁寧に説明しながら(ウソです)
開店間もない「越源」へ。相変わらず店主はクールであるが、そこが良い。
作業の様子が見える向かって左側の座席に着き、串カツ・スパムDX・玉子をオーダー。
鳥カツを頼み損ねたのが悔やまれる。

ここであらためて米国での生活を伺い(Oregonでの生活やトムウェイツの
コンサートに行った話)、かつ今後の観光作戦を練る。
が、グリコと通天閣はクリアしたし、USJや万博記念公園、
天王寺動物園やダイビルあたりでは芸がない。

おもわず店主に話を向けると「…大阪城っすかねえ。大阪にしかないし。」
ビンゴである。

<急>に続く
※写真はどっかの店で隣のオッサンが使用していたのと同モデル。
一瞬酔いが醒めた。

e0160330_512916.jpg
[PR]

by shimac01 | 2009-06-04 05:04 | osaka
2009年 01月 29日

大阪ってやつは

私が大阪にやってきて、5年目を迎えようとしている。
10年前、ましてや20年前には現在の境遇を想像だにしなかったぜベイベ。

当初は大阪人(あえてこう呼ぶ)のイラチ(短気)さと、品性のなさに辟易したが、
考えてみればそれはTOYAMAでもTOKIOでもLONDONでも同じ事である。
それぞれの地方にMr.グッドバー(矢作俊彦※1)があるように、
狭くて哀しい了見しか持ち合わせない人々は、往々にして、
それぞれの地域にいるものだ。

「大阪」そのものにけして罪はない。交通事故による殺人も、
ネットを使った脅迫も、「西松の家※2」も、すべて悪いのはその「人」である。
ただここは、人口にたいしてそのような人たちの割合が一寸高いだけだ。

月日はながれ、「お好み焼定食※3」が食えるようになり、
ある日ジャンジャン町に出かけた私は、「沖縄居酒屋※4」で
衝撃的な「オッサン※5」にであった。

昔、彼が「天王寺動物園※6」に食料調達に出かけた折に、
結核持ちの友人が猿山のサルに病をうつして全滅させたそうである。
また、釜ヶ崎界隈の激安立ち呑み店は注意しなくてはならないらしい。
品書きに牛や豚やカシワではなく、ただ「肉」と書いてあるのは、
「ワンちゃん※7」の可能性がある、と。嗚呼、「日本三文オペラ※8」である。

天王寺で酒場を営む「友人※9」は、敬意をもって彼らを「ソルジャー」と呼ぶ。

そんな魑魅魍魎が跳梁跋扈する大阪において、私にとっての
偉大なる文化は角打ち、つまり「立ち呑み」だ。
いわゆる「センべろ※10」であり、「ギャンブル酒場※11」である。
無形文化財に登録して欲しい。たのんだぜ橋下。

この激安価格が嬉しい。知っている範囲で言うと、
瓶ビールの大瓶が一本330円(酒の奥田@天満※12)。
モツの串が一本40円(大万@新世界※13)。
八宝菜が200円(酒の穴@新世界※14)。
おでんに至ってはジャガイモ1個50円(正宗屋@相合橋※15)である。
神様仏様稲尾様である。

もちろん椅子付きの居酒屋にも素晴らしい店はある。天王寺の「M」と「D」は
別の機会に譲るとして、極私的な白眉は大正区にある「K」だ。
まだ存命であればソ連に抑留経験のある、齢90歳をこえた店員が、
世界最高の出汁巻き(たしか270円)を食わせてくれる。

抑留といえば名著「ラーゲリからの手紙」を忘れてはいけない。
作者の辺見じゅんはTOYAMA出身である。同郷の柴田理恵や室井滋らと
並んで個性的な顔立ちをしているが、それは私の責任ではない。これ豆知識な。


※1 トレンチコートとRayBanが日本一似合う作家。でも駄作多し。
※2 2009年1月現在、裏金問題によりメディアを賑わす。
   筆者の住む近辺にもそのオサレ住宅地があり、住民らの「気分はもう戦争」か。
※3 炭水化物×炭水化物。大阪における定食の基本。
   「タコ焼き定食」はさらに上級。
※4 赤井英和主演の映画にもロケ地提供。店名は秘す。とりあえず泡盛。 
※5 西成のS谷氏。昨年秋にご逝去。合掌。
※6 大阪南部及び和歌山県民のデートスポット。青テント軍団の食材置き場?
※7 狗肉。実は美味いらしい。
※8 開高健の著作。
※9 天王寺「igosso」。スワンプでレイドバックな良店。
※10 千円でベロベロに酔う事。命名は中島らも?
※11 店内にラジオ及びTVが設置されており、競馬・競輪・競艇の情報が流れる店。
※12 筆者に転居を考えさせた天満の良心。禁煙でも納得。
※13 ディープ大阪の一里塚。ここにデートで来るカップルは本物だ。
※14 三船敏郎似の店員がいる。ストーンズ好きなら向かいの串カツ「越源」へ。
※15 通風をダイレクトに引き寄せる「カステラ」は必食。

e0160330_12302146.jpg
[PR]

by shimac01 | 2009-01-29 12:30 | osaka