BOOKS-Sima

shimac01.exblog.jp
ブログトップ

タグ:バーセヴン ( 2 ) タグの人気記事


2009年 06月 04日

オレゴンよりの使者(序)

5月某日。

米国在住で、富山生活時代からの友人ミスターTが来阪。
奴には去年の自分探し@Arizona時に大変世話になった。
これは返り討ちの好機だ。なめんなよOsaka。

奴は私同様に壊滅的な方向音痴なので、大阪駅はサンダーバードの
降車ホームまで迎えに行く。Tには富山県内であってもGarminが必須だ。

およそ1年振りに会う奴はラングラーの上下デニム(非ケミカルヲッシュ)で
キメていた。Oregon州でカウボーイを目指すTは、相変わらず下町大衆酒場のドン・キング、
なぎら健壱先生をリスペクトしているらしい。
(足下はトニーラマではなくINOV8であったが)

Hootersのキャップも奴らしいセンスだ。思わずサザンが夜のヒットスタジオに
デビューした際の、メンバーのホットパンツ姿が脳裏に浮かぶ。

環状線に乗って新今宮駅へ。相変わらず小便と嘔吐物と汗と泪と男と女の匂いが充満してるが、
馴れれば極上のオー・ド・ヴィーだ。駅にほど近い、予約したドヤヘチェックイン。
家に帰る時間すら勿体ないのでこんかいは私も宿泊することにする。

2泊で3000円。もっと安いドヤもあるにはあるのであるが、いきなりあんこ軍団の
どストライクを受けさせるには、奴には刺激が強すぎる。それもアリか。

午後8時。荷物を3畳の部屋に放り投げて、この日の一軒目、
大阪立ち呑み選手権ベスト8にランクインする(当社比)「難波屋」へ。
いきなりTに洗礼を浴びせる。

居酒屋フリークのTは、今回の来阪では、ふだん米国では飲み付けることの少ない
日本酒を所望しているそうなのだが、無視する。

まずはキリン淡麗大瓶@350円とスパゲティーサラダ@150円で肩慣らし。
平日だというのに、この店は相変わらずの繁盛振りで、
私たちは珍しく、奥のライヴスペースに簡易椅子を置いてのスタートとなった。

客がひっきりなしに押し寄せ、あまりにも気兼ねなので早々に店を出ると、
奴は釜ヶ崎のア・バオア・クー西成警察署の物々しさに感動し、記念撮影。
「あまり手間取ると、南港に浮くぞ」と軽く脅す。

その後、徒歩で大国町の「エノキ屋酒店」に向かう。
わたしにはおよそ1年振りの来店か。いぜんは店内に調理師免状が飾ってあり、
そのおかげで私と店主が同じ年であることが判り大いに盛り上がった記憶が懐かしい。
お気に入りだった「スパム」がメニューから姿を消していた。残念。

がしかし、Tはとりあえずの目標である燗酒(たぶん鷹取@350円)一合を
ようやくゲットし、ニンマリしてる。
奴の笑顔でいくらでも酒が呑める。

その後は難波方面へ。大阪路面蕎麦選手権ベスト16(あくまで当社比)の
「天政」でかけ蕎麦@200円を流し込み、両者ヒートアップ。

法善寺横丁付近の「バー花本」へ行きギアはトップへ。
6月9日のオープンに向けて作業中の「ファニー・メイ」
(Stonesフリークの聖地・マスターが腰をくねらせながら
作る焼きそばは掛け値無しに大阪№1である)にあいさつしたあと、
ミナミのナイスガイ「バーSeven」で奴はギネス。わたしはジェイムソン(12年)。
撃沈寸前で山田さんいつもごめんなさい。

〆に「マーフィーズ」に行くと、なんか変な女に絡まれた。ギャフン。

<破>に続く
※写真はさいきんのお気に入り「BMW HP2 Megamoto Pikes Peak Replica」


e0160330_23553542.jpg
[PR]

by shimac01 | 2009-06-04 00:03 | osaka
2009年 05月 03日

ミナミのナイスガイ

なんでこんなグッドバーをさがしだせてなかったのか、むしろじぶんが疎ましくなる。

また今夜も、奴の笑顔で酒がすすむ。
口の中がヨードチンキくさい。

あとはおぼろ、あとは、おーぼーろー(バッキー井上ふう)。

e0160330_9533764.jpg
[PR]

by shimac01 | 2009-05-03 09:55 |