タグ:カレー ( 4 ) タグの人気記事


2010年 12月 11日

なんか涙の味がする

写真は富山市役所のカツカレー@450円。
とくに変哲もなくいたって普通ですが、僕には忘れられない味です。

30歳代で転職し、駆け出し報道記者として日々駆けずり回っていた頃、
市政ネタの取材が終わればいつも昼のメニューはこれと決まっていました。
カレーや麺類は16時まで開いているのも魅力でした。

自分の納得する記事が書けずに、当時、半ばノイローゼ気味だった僕を優しく
包んでくれる味です。

あの頃の気持ちを忘れないよう、月に一度は足を運ぶようにしています。

e0160330_11521676.jpg

[PR]

by shimac01 | 2010-12-11 11:55 | toyama
2008年 11月 27日

大阪の宝⑦「スパイス飯店」

いつ行っても不思議とすいてる(これ大事)。

ぼく好みの漫画が数多く置いてあるのもグッド。
食事はやはり個人的な悦びっす(ex.孤グル)。

清潔感は・・・ベストと言えないが、それを補ってあまる味と
雰囲気がある。チキン+玄米がぼくのデフォルトだが、
熱狂的なタイカレーファンもいる。

たまに定休日以外に休まれるとショック大。

住所:大阪府大阪市北区中津1-10-4
TEL:06-6373-0541
営業時間: 11:30~21:00
定休日:日祝 たまに土曜

e0160330_0424073.jpg
[PR]

by shimac01 | 2008-11-27 22:09 | osaka
2008年 11月 25日

大阪の宝⑥「マドラス」

まず。
年中無休・昼休み通し営業というお店の姿勢に感謝。

味は最初甘みが来たあとジワジワ辛みが効いてくるという
ある意味大阪風の一例だが、他店とは深みが違う。○○ウソツカナイ。
具の牛肉を食べればそれだけでお店の姿勢が分かると思う。てか分かって。
小(600円)が、他店の普通量に相当。

らっきょう・赤福神漬は無料(この姿勢も嬉しい)。
置いてある雑誌(アサ芸・大衆)およびコミック類を見ると
お店の方は任侠ファンなのだろうか。ぼくはこのセンスも好き。
任侠物では日本一の売り上げを誇る布施の「ヒバリヤ書店」で購入するのだろうか。

揚げ物は正直パス。ぼくのトッピングは目玉焼きまで。
「ポミエ」「まる栄」そして「ママカレー」好きにオススメ。
「あさちゃん」「こけし」ファンももちろんどうぞ。

住所:大阪府大阪市浪速区日本橋4-3-12
TEL: 06-6644-9020
営業時間:[月・木] 11:00~19:00 [火・水・金~日] 11:00~23:00

e0160330_1291955.jpg
[PR]

by shimac01 | 2008-11-25 23:58 | osaka
2008年 11月 12日

大阪の宝①「ハチ」

カレー。大阪市内。

諸説云々あれど、大阪のカレー好きなら一度は通る道。
みなさんこの店に通って、大きくなりました(何が?)。

関西の辛口料理を語る上でのデフォルトとして、もはや
神格化されつつあり、営業時間帯には通りを行き交う老若男女が
すべてライバルに思えてくる。

ルーの酸味が強かったり、肉のとろみがイマイチだったりと、
日によって味にブレがあるのも都市伝説化に拍車をかけるが、
ライス切れがないかぎり、列に並んだ時点から、バトルはもう始まっている。

さいきん、店主の動きにリングを去った往年のカシアス・クレイを彷彿させるが、
そんな陳腐な情にほだされているときっちりカウンターを喰らう
激辛モードだったりする。

ニンジンのピクルスは辛み中和の用をなさず。
無事完食した全員と、したたる汗もそのままに固く熱く抱擁したくなる。

たぶん。ボクらはカレーが好きというよりも、「ハチ」が好きなんだろうな。e0160330_2043748.jpg
[PR]

by shimac01 | 2008-11-12 20:32 | osaka