<   2009年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2009年 04月 23日

さよなら、エスキー

私が20年間お世話になってきたこの雑誌「Esquire」も、
来月号をもって休刊となる。
いままでありがとう。お疲れさま。

どのような内容にもかかわらず、毎号きっちり買い求める
理想的な読者ではなかったけれど、
発売日以降2.3日には、かならずチェックするのが楽しみでもあった。

ファッション・食・建築・観光・写真・映画・音楽など、
この雑誌を媒介として先達等が教えてくれた事・モノは数多くあれど
(永江朗の書評や黒田恭一の音楽、そして達磨信の酒などは特に好き)、
「靴」に関してはおおいなる悦びをもらった。

この雑誌がなかったら、私はドレスシューズの聖地である
英国・ノーザンプトンの存在を知るべくもなかったし、
実際に、足を運ぶこともなかったから。

1990年にはじめて訪れた英国では、大英博物館の向かいの
アラブ人の経営する(このじてんで十分あやしい)レストランで
焼いたトマトを初めて見(池波ふう)、なぜ日本は
こんな不味い物を食う国に戦争で負けたのか真剣に考えた。
リー&ペリンのウースターシャー(ほんとうはこう表記すべきらしい)ソース旨し。

あと、食で思い出に残るのは、バーガーキング(Yappar!)と
チャイナタウンでの北京ダック(恐くて高かった…)と
故・大屋政子経営の居酒屋「にんじん」くらい。

しかしパルマル地区の地下バーで呑んだ生ギネスの旨さは、はじめて見た
シャムロックのバブルアートとともに今でも憶えている。

釣り道具店「House of Hardy」では日本では考えられない
長尺(川幅が違うのだから今思えば当然)のバンブーロッドや、
ウェットフライの充実度に驚かされたり、
17歳のインストラクターに完全に上から目線で
接客されたりして、その晩、枕に涙した。

「Worlds end」では歯並びの悪い例のババアが鼻糞をほじっていた。

ソーホー地区の書店「MotorBooks」では日本における
英国車エンスージャストの動向をギロリ眼の店員に詰問され、
「日本で一番有名なのはフブキユーヤの乗るロータス・ヨーロッパです。」と
口走ってしまい、帰りのバージン航空機(アイス旨し)内まで、
「伊丹先生スミマセン」と私を後悔させた。

のちにエルメスに買収されるジョン・ローブには、
いまもわたしのラスト(木型)が残っているはず。
(邦貨で当時約17万円。あの頃たしかに私は何かに取り憑かれていた。
店員にナメられぬようパンセレラのソックス@5000円と
E・グリーンのダービーを履いていった)

スタイルは「City」と呼ばれるごく普通のキャップトウだが、
それでは芸がないのでダブルソール仕様にし、アイレット(紐穴)も
ひとつ減らした。が、そんな中国人くずれが
アルカイックスマイルで唱えたオーダーをクールに聞いていた店員は、
当時どのように受け止めたのかは、いまもナゾである。

ベルルーティやコンテをはじめ、大阪にもここの代理店はあるが、
レザーの品質はガタ落ちしつつ価格は高騰と、いまでは見る影もない。
それを有り難がるご同輩のなんという多さよ。オヨヨ。
(いま流行のロングノーズ&極スクエアトウは、まったく知らない&興味ない)

「すべての情報誌はここ数年のうちに全部つぶれる」とは、
とある有名なだんじりライターの言であるが、やはりそうなのだろうか。
やはりそうなのでしょうね。

この雑誌には、いわゆるパンチェッタ系「チョイ悪オヤジ」養成雑誌とは
すこし意味合いの異なったエロさというか、理系チック(意味不明)な
「粋」が込められている気がしていたのだが。

いもじくもことし初頭に休刊となった「PLAYBOY」同様、
これまでのリイシューとして、最終号には編集者の矜持が
バキューンとつまった渾身の一冊を期待する。
価格はこのさい問わない。

ところで、みなさんは黄金週間をどのように過ごすのでしょうか。
わたしは軍艦島@長崎県を計画中(だが、無理でした)。

e0160330_1442162.jpg
[PR]

by shimac01 | 2009-04-23 14:51 | Book
2009年 04月 15日

無知で堕落した人間にも桜は美しく微笑む

先日の日曜日は私が普段ゆく立ち呑み店の慰労花見会。

どの世界でも「働くアリの法則」はすべからく該当するようで、
一方では朝8時より鶴橋の生鮮食料市場で生魚の買い出しand刺身切りつけおもてなし、
の最年長参加の夫妻もいれば、他方では、ひたすら…(あとは腹立つので省略)、で、
総勢30人あまりの人々が東大阪の春の一日を愉しんだ。

こんかいも怒濤のパン職人登場(娘は図書委員@偏見)。旨し。
彼が投入したオーヴンのスペルはDutchかDudgeで激しく妄想。
パン屋再襲撃@村上春樹の気分。

ふだんお店では顔を合わせているものの、その人の職業はおろか
実際はあだ名しかしらなかったり、ほんとうは家同士がものすごく近くても、
ぜんぜんちがう時間帯で行動していたりするので(とくに私の場合)、
「あれま、そうだったの?」とヒザをハタと打ちあいつつ陽気にやられて
ガンガン呑み進んでいくので、とうぜんウコンの力もハイチオールも
ヘパリーゼも効かず翌日の後悔and苦しみでのたうち廻る私の姿は
容易に想像されるのだけど、そんなじぶんへの韜晦もせいぜい
缶ビール700mlを起点としてザ・グッバイbyよっちゃん、である。

「思い出はプライスレス」ではないが、このような状況の場合、
持参したコンパクトデジカメを胸ポケットに入れておいてもかなりの確率で
無くす・蹴り飛ばす・川に放り投げるなどという哀しい末路をたどるオチは
明白なので、持参しない。

だれかが連れてきた犬を撮ろうとしても、明らかに殺意のある私のドロリ目を、
彼らは俊敏にして感じ取る。すまぬ。キミに罪はない。ワンワン。

ジーコやマラドーナにとってサッカーボールには「中に金が」詰まっていて、
モンゴルその他の力士たちにとって土俵には「きゅうりや茄子などの漬け物が」
漬かっているのかは寡聞にして知らないが、酔って良い写真を撮れるのは
アラーキーか井上青龍くらいか。

「自動車絶望工場」さながらの環境でM県でひたすらテレビを造り続け、
この春からファッションデザイナーを目指し専門学校で学ぶ若者(ジェロ似)と、
ランボルギーニ・ムルシエラゴorアストンマーティン・ヴァンキッシュ購入を目的に
日々おば様たちを籠絡するホスト見習いの彼(髪型ウイッシュ)の話が愉しかった。
買ったら乗せてね。

テレビの話。
関西地区では14日深夜から始まったCX系ノイタミナ「東のエデン」
(キャラクター原案:羽海野チカ)だが、主人公がフリチンで登場する際の
モザイク具合が往年の元祖ドッキリカメラにおける露天風呂を目指す湯治客が
滑り台をズルムケテご開帳となる場面を彷彿させ、野呂氏の栄華を物語る
赤ジェットヘル(BELLorBUCO製?)の思い出とともに、
ひとしずくの涙たらり(その後「リストランテ・パラディーゾ@オノ・ナツメ」に
繋がる関西テレビの編成は、この春一番のグッジョブ)。

e0160330_22382751.jpg
[PR]

by shimac01 | 2009-04-15 22:37 | osaka
2009年 04月 12日

ミシュラン京都・大阪版

↓私の三つ星。

e0160330_935145.jpg
[PR]

by shimac01 | 2009-04-12 09:33 | osaka
2009年 04月 07日

あひるの唄

素晴らしい文を見つけたので紹介する。↓以下引用

日が暮れてきたので、パスタを茹で、大蒜とベーコンとマッシュルームを炒めて、
バジリコソースで和えたものを作り、冷たい白ワインを飲みながら食べる。
ぱくぱく。
少しだけ幸せな気分になる。

食後の腹ごなしに『ウォンテッド』を観る。
アンジェリーナ・ジョリーの「爬虫類顔」が実によい。
予告編でも使われていたスーパーのレジのところで銃を取り出すときの「眉根の皺」が最高。
(引用終わり@「内田樹の研究室」より)

このオッサンやるね。常々ジョリーの魅力はクチビルと皺に限ると考えていた
私の学説が、ここで立証されました。

そんで、宇多田の新作ジャケ写や伊東美咲の「HAKU」のCMをじっくり観て欲しい。
観ましたか?
ほんとに観ましたか?

そうです、時代は「クチビル」です。「目力」は終わりました。
新垣結衣・真木よう子・貫地谷しほり・松井冬子らには、残念ながら
このクチビル力はありません。

貫地谷しほり・多部未華子・榮倉奈々・宮崎あおいあたりは顔が「昭和」なため、
Out of dateな印象を見受けます。本人に罪はないのですが。残念。

でジョリーといえば前夫のビリー・ボブ。離婚の理由が笑える。興味のある人は
自己責任で調べて下さい。
あ、あと養子が多い理由は梁石日が知ってると思われます。キモは「ホルモン注射」。

そういえば、きょねんの今頃はArizona州にいたのでした。
もう一年経ったのか。

e0160330_0302879.jpg
[PR]

by shimac01 | 2009-04-07 00:45 | etc