BOOKS-Sima

shimac01.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2009年 01月 31日

またひとつosakaがイヤになりました

あと2年で退去だと。
クソオッッ!←ジャック・バウアー風に

e0160330_73785.jpg
[PR]

by shimac01 | 2009-01-31 07:37 | osaka
2009年 01月 29日

大阪ってやつは

私が大阪にやってきて、5年目を迎えようとしている。
10年前、ましてや20年前には現在の境遇を想像だにしなかったぜベイベ。

当初は大阪人(あえてこう呼ぶ)のイラチ(短気)さと、品性のなさに辟易したが、
考えてみればそれはTOYAMAでもTOKIOでもLONDONでも同じ事である。
それぞれの地方にMr.グッドバー(矢作俊彦※1)があるように、
狭くて哀しい了見しか持ち合わせない人々は、往々にして、
それぞれの地域にいるものだ。

「大阪」そのものにけして罪はない。交通事故による殺人も、
ネットを使った脅迫も、「西松の家※2」も、すべて悪いのはその「人」である。
ただここは、人口にたいしてそのような人たちの割合が一寸高いだけだ。

月日はながれ、「お好み焼定食※3」が食えるようになり、
ある日ジャンジャン町に出かけた私は、「沖縄居酒屋※4」で
衝撃的な「オッサン※5」にであった。

昔、彼が「天王寺動物園※6」に食料調達に出かけた折に、
結核持ちの友人が猿山のサルに病をうつして全滅させたそうである。
また、釜ヶ崎界隈の激安立ち呑み店は注意しなくてはならないらしい。
品書きに牛や豚やカシワではなく、ただ「肉」と書いてあるのは、
「ワンちゃん※7」の可能性がある、と。嗚呼、「日本三文オペラ※8」である。

天王寺で酒場を営む「友人※9」は、敬意をもって彼らを「ソルジャー」と呼ぶ。

そんな魑魅魍魎が跳梁跋扈する大阪において、私にとっての
偉大なる文化は角打ち、つまり「立ち呑み」だ。
いわゆる「センべろ※10」であり、「ギャンブル酒場※11」である。
無形文化財に登録して欲しい。たのんだぜ橋下。

この激安価格が嬉しい。知っている範囲で言うと、
瓶ビールの大瓶が一本330円(酒の奥田@天満※12)。
モツの串が一本40円(大万@新世界※13)。
八宝菜が200円(酒の穴@新世界※14)。
おでんに至ってはジャガイモ1個50円(正宗屋@相合橋※15)である。
神様仏様稲尾様である。

もちろん椅子付きの居酒屋にも素晴らしい店はある。天王寺の「M」と「D」は
別の機会に譲るとして、極私的な白眉は大正区にある「K」だ。
まだ存命であればソ連に抑留経験のある、齢90歳をこえた店員が、
世界最高の出汁巻き(たしか270円)を食わせてくれる。

抑留といえば名著「ラーゲリからの手紙」を忘れてはいけない。
作者の辺見じゅんはTOYAMA出身である。同郷の柴田理恵や室井滋らと
並んで個性的な顔立ちをしているが、それは私の責任ではない。これ豆知識な。


※1 トレンチコートとRayBanが日本一似合う作家。でも駄作多し。
※2 2009年1月現在、裏金問題によりメディアを賑わす。
   筆者の住む近辺にもそのオサレ住宅地があり、住民らの「気分はもう戦争」か。
※3 炭水化物×炭水化物。大阪における定食の基本。
   「タコ焼き定食」はさらに上級。
※4 赤井英和主演の映画にもロケ地提供。店名は秘す。とりあえず泡盛。 
※5 西成のS谷氏。昨年秋にご逝去。合掌。
※6 大阪南部及び和歌山県民のデートスポット。青テント軍団の食材置き場?
※7 狗肉。実は美味いらしい。
※8 開高健の著作。
※9 天王寺「igosso」。スワンプでレイドバックな良店。
※10 千円でベロベロに酔う事。命名は中島らも?
※11 店内にラジオ及びTVが設置されており、競馬・競輪・競艇の情報が流れる店。
※12 筆者に転居を考えさせた天満の良心。禁煙でも納得。
※13 ディープ大阪の一里塚。ここにデートで来るカップルは本物だ。
※14 三船敏郎似の店員がいる。ストーンズ好きなら向かいの串カツ「越源」へ。
※15 通風をダイレクトに引き寄せる「カステラ」は必食。

e0160330_12302146.jpg
[PR]

by shimac01 | 2009-01-29 12:30 | osaka
2009年 01月 28日

バイクとその周辺

Buellというメイカーのオートバイに乗っている。1998年式のS1Wである。
ただいま絶賛車検切れ中。オイル下がりとキャブ内ガソリンの腐食が怖い。
世話になっている兵庫のバイク店主の怒り顔が目に浮かぶ。
Take it easyで許してナマステサイババと40人の盗賊。

メイカー自体がマイナーなのか、存在を知ってる人がいると嬉しくなる。
それが飲み会の席上だったりすると、テンションが一気にヒートアップする。
飲め、魂の荒くれ七面鳥を!俺の為に死ね!

知らない人に聞かれると「アメリカ製のオートバイです。」と答えている。
HD社のエンジン積んでて、リアサスペンションの動きがなんたらかんたらで…、
と興味の有りそうな人には答えるが、そんなケースは、希だ。キミは飲むな。
乗りこなすのにあと5年はかかるだろう。

仕事で知り合ったGPライダーに「あれはバイクではない」と酷評された。
マスの集中化を図るための、あのディメンションが気に食わないらしい。
わかる。しかし、これでいいのだ。アメリカンスピリットなのである。
「夜空を見るたび俺を思い出せテューカッターッ!」なのである。
彼の名をmyデスノートに書こう←うそLuke

本田技研が鈴鹿8時間耐久から撤退する。川崎重工はMotoGPから撤退。

「ボクはスプリンターだよ。」
契約に8耐への出場が絶対条件だったV・ロッシは、こう言い放って
本田を飛び出した。これはむかしへレスで本人から聞いた。
ちなみにエドワーズはLedZeppelinのキャップをかぶっていた。Hage隠しに。

そんな山葉のプロダクツでいちばん好きなのは「2000GT」だったりする。
(↓写真のナックル改はZOKU仕様と思われる。ウインカー無しFタイヤ極小。)

e0160330_616127.jpg
[PR]

by shimac01 | 2009-01-28 06:16 | Bike
2009年 01月 26日

デイリースケッチ20090125(本記)

ふだん、酒も飲みたいしどっかフラフラ買い物にも行きたいし、
ぼーっとしたいし本も読まねばなりませぬときたら、
24時間しかない一日の中でカットされがちなのは食事と睡眠である。

どちらかを削ったところでストレス溜まっていつかバクハツ間違いなし、
とぼんやり考えつつ、或る本を読んでいたらとある文芸評論家の一節があった。

「私は高校生時代に小説家を志してから、60歳を過ぎた現在まで
一日あたりの睡眠は4時間以内である。それでも時間は足りない。」

…おみそれしました。なんだか背筋が伸びた気がした
(しかし家人も付き合わされるのか?)。

ということで私も今日から実践(全くもって人から影響を受けやすい
私のこの性格は、火葬場まで治らないだろう)すべく、午前7時に起床。
マンモス眠い(この文を書いている翌日早朝のいま現在も当然眠い)。ぐう。

眠気をはり倒すためにコーヒーがぶがぶ飲みつつ、ノートパソコンの電源を入れ、
ネットニュースをチェック。マイピックアップは、
●「広末涼子・映画版『24』に出演か?」

現在米国アカデミー賞外国語映画部門でノミネート中の「おくり人」に
出演している広末にジャック・バウアーが尋問、ではなく衛星画像を
リクエスト、ではなく、出演をオファーする可能性があるということらしい。

日本ロケもあるということで、実現したら是非とも
エロテロリスト役(インリン?)ではなくCTU日本支部スタッフとして、
スパイ容疑で自白剤打たれモーローorクロエとケンケンガクガクしてほしい。

※1 広末は仏語はたぶんできる(ベッソン仕込み)けど、英語は?
※2 「おくり人」の原作は『納棺夫日記@青木新門』、監督は滝田洋二郎で、
  両者とも富山県出身である。滝田氏はいぜん取材した経験があるが、
  仕事以外で富山に来ることはないらしい。
  それでもがんばれ富山@ようこそセブンイレブン。
※3 制作に関わった小山薫堂氏はマニア垂涎の「エルメスライカ」を2台所有。
  ユルサン。とゆーか、貸してくれマジで。

と、朝から妄想全開でカットバしていた午前8時頃。東大阪に雪が降った。

早起きは3文(現代の貨幣価値でいくらだ?)の得。
盛大に洗濯機を3時間回して隣部屋のカップル(水商売)を牽制(小せえオレ)。

いかん。眠いよパトラッシュ…。
ネロ(私)は力を振り絞って梅田へと向かうのであった。

e0160330_1424915.jpg
[PR]

by shimac01 | 2009-01-26 01:42 | osaka
2009年 01月 25日

デイリースケッチ20090125

さっき大阪で雪降ったよ。
わーい、わーい(こども)。

e0160330_924816.jpg
[PR]

by shimac01 | 2009-01-25 09:24 | osaka
2009年 01月 20日

貝になりたい(こともある)

e0160330_23264411.jpg
[PR]

by shimac01 | 2009-01-20 23:26 | etc
2009年 01月 19日

鱒寿しとArdbeg

北陸のチベット「富山」から思い浮かべるモノ。
米騒動(一揆)やふんどし、置き薬、白エビ、富山ブラック(ラーメン)、
おわら風の盆、寺西勇、村上一成、ゴジラ松井の嫁、パーク・マンサー、
おっと、死ね死ね団。今の時期なら寒ブリなどが挙げられる。

そして、「鱒寿し」。駅弁の代名詞として名が知られ、もはや富山に行かずとも、
大阪・及び京都駅でも購入できる(これにはJR北陸線特急内の販売員陰謀論や
不倫カップルのアリバイ工作用など諸説あり←西村京太郎からのレポートを
待ちたい)。

現在は富山県内に30あまりのブランドがあるが、有名どころは源・青山・関野屋・
高田屋・紀雅・小林(イチオシ!)といったところか。とうぜん、各店舗によって
味は異なる。鱒の厚み・脂分・締め具合・塩分・米の固さや酢加減など。

この至高の一品に合わせる飲み物といえば、粉茶や日本酒と並んで挙げられるのが
スコッチの「シングルモルト」、さらにいうと、アイラモルトの「Ardbeg」である
(流通しているオフィシャル物で充分)。ブレンデッドならバラ17年か。

いぜん、サイババに呼ばれた訳ではないが、仕事ついでになぜかアイラ島まで行き、
かのラフロイグに工場見学。試飲を終えたその足で当然地元のパブで泥酔。
店のオババに「水で割ったら殺す」と言われつつ、ビビリ気味に酒を味わった
(「トワイスアップ」禁止ってか。差別意識が残っていたのかは寡聞にして知らず)。

血中ヨーチン濃度がマックスになったところで、運命に導かれるように
酒場近く植え込みの泥炭(ピート)の上に派手にリターンしたという酸っぱい
記憶がまざまざと残っている。

それはまるで、山崎がモリマンから激熱マーボー豆腐を浴びせ掛けられるように。
上島が熱湯風呂に入るように。そして鶴太郎が涙目でおでんを食べるかのように、
鮮烈な印象を私に与えた。

アイラといえばラフロイグが有名だが、鱒の食感が生に近ければ近いほど、
あのヨード香が鼻につく。まろみのある15years物ならいけそうだが、
そんなグレードなんて地元の奴らだって飲んで無かったし。ここはアードに軍配。

牛乳にあんパン。LEE(30倍)にエビス。小林の鱒寿しにArdbeg。これ鉄板。

人に頼まず、是非とも自分の足で買い求めて欲しい。
その価値は、きっと、ある。

e0160330_1282695.jpg
[PR]

by shimac01 | 2009-01-19 01:29 |
2009年 01月 18日

19950117

いつも朗らかな笑顔が素敵な兵庫県の友人も、この日はちょっと
沈みがちになる。かける言葉は、見つからないけど。

略奪。強盗。強姦。偽造。騙し合い。裏切り。
すべからく震災に乗じて不当な利益を受け取ったすべてのひとたち。
そして、沈黙するマスメディア。

彼らは毎年この日を迎えるにあたり、どのような気持ちになるのだろう。
ひとに「貴賤」はない、と思うけれど、その「生き方」に貴賤はあると思う。

e0160330_2052176.jpg
[PR]

by shimac01 | 2009-01-18 20:52 | etc
2009年 01月 07日

日本人と矜持

本文はいま下書き中なりラジバンダリ。

e0160330_0123817.jpg
[PR]

by shimac01 | 2009-01-07 00:13 | etc
2009年 01月 06日

Be simple,Go slow!

久々に買いました、少年ジャンプのコミックス「バクマン。」@集英社。

いい年こいてと言うなかれ。これでもむかしは漫画家を目指していました。
郷土が誇る藤子不二雄御大にあこがれ、「まんが道」を教科書としつつ。
(その後「サルまん」「編集王」で騙される一地方在住だった高校生のボク)

同じキャラが二度かけないという基本的な画力がないことに気づき、
早々に挫折。現役の皆様ほんとうに尊敬します(exいにお)。遠い目。
大友先生の「AKIRA」も筆を折る後押しをして下さいました。
あれはムリッス、画けません。そうだろ、金田?

当時はなぜかテレビの「天才バカボン」が自分の家だけで放送されれば良いのにと
本気で考えておりました。愚鈍。胡乱。赤塚先生フォエバー。

で。前出の作品はそんなヘタレでトホホだった(今も)ボクの
少年時代(羊水←倖田)をちょっぴり思い出させてくれるのです。
ちなみにデスノートもミサミサも高田さんも登場しませんが。

んで、写真は以前オーナーの娘(当時高校生)とお見合い寸前までいった立ち呑み店。
キャッシュオンにて手軽な値段でパリッと酔える良い店でした。
が、昨年の春から「改装中」の貼り紙を残し、系列店ともども長期休業中。
オーナー一族は行方知れず。新地に連れてってもらった記憶がナツカシス。
諸行無常。

e0160330_16364993.jpg
[PR]

by shimac01 | 2009-01-06 16:46 | osaka